音楽

「それでも夜は明ける」:映画と音楽の交差点

今日はですね。昨日に引き続き、人種差別問題に関する映画を音楽に関連付けて書きますね。

 

私個人的には、昨日の映画「グリーンブック」よりもっと胸が苦しくなりました。お決まり通りの設定なので、終わり良ければすべてよし・・・、で救われるんですが。

 

 今日の映画「それでも夜は明ける」は、奴隷制度の残酷さと人間の精神の強さを描いた感動的な作品です。

 

この映画は、音楽を通してさらに深いメッセージを伝えています。

私が見たのはこちらですね。字幕版。

https://amzn.to/3HGGIew

 

映画の概要

この映画は、1841年にニューヨークで自由な生活を送っていたソロモン・ノーサップが誘拐され、12年間奴隷として働かされる実話に基づいています。映画は、人間の尊厳と自由を求める不屈の精神を描き出しています。

 

この映画の中での音楽の役割

この映画の中で、歌は、奴隷たちの苦しみを表現する手段として用いられます。例えば、この映画の中では、奴隷たちが綿花摘みをするとき、、みんなで掛け合いながら、ゴスペルやスピリチュアルなどの曲を歌う場面があります。

現代の日本では、ゴスペルソングは、曲の一つのジャンルとしてしか見られていないかもしれませんが、彼らの心の声を代弁し、希望や解放への願いを伝えています。

日本で言えば、重機のない頃、昔の日雇い土木作業員が地ならしをするために、大きな槌を地面に打ち付けるのに「ヨイトマケ」をかけ声代わりにしていましたが、少しだけ似ているところがあるかもしれませんね。

一方で、対照的に使われていたのが、白人が奴隷への脅しとして使った歌。また、白人の娯楽として使った音楽。

使われる音楽で、見るものの感情をまるでジェットコースターのように高低させます

 

音楽と人間精神の力

映画における音楽は、人間の精神がどれほど音楽に救われるかを示しています。たとえどんなに辛い状況でも、歌一つで少しは気分が晴れる…まあ、少なくとも映画の中では。

また、苦境にある人々が音楽を通じて絆を深め、希望を持ち続ける姿は、観客に強烈な印象を与えます。

 

最後に

この映画を見て、もしあなたが涙を流さずにいられたら、それはきっとポップコーンが辛すぎたからでしょう。

 

明日は、もう少し、夢の世界の映画に行こうかと思います。

映画「グリーンブック」:音楽が紡ぐ心温まるストーリー前のページ

次のページ

関連記事

  1. 音楽

    発声って・・・

    https://youtu.be/-fDTjTzB0Gc歌いたい、…

  2. 音楽

    音楽と豊かさについて

    音楽と豊かさには、深い関係があります。音楽は、私たちの心を豊かにし、魂…

  3. 音楽

    歌やり直し日記 その3

    「ずいぶん練習したでしょう?よくできるようになったわ。あなた、一番最初…

  4. その他

    自分が何者か

    自分が何者であるかなんて探しに行かなくても、存在している自分。…

おすすめ記事

  1. 魂の成長
  2. 魂の選択
  1. 音楽

    人も音楽もハーモニー
  2. その他

    SNSより素晴らしいもの
  3. その他

    自分の人生を豊かにする方法
  4. その他

    本って話題提供のツール?
  5. その他

    集客やスピーチにも~朗読のコツ
PAGE TOP