音楽

声と湿気と乾燥

3月からマスクをしなくなって気づいたこと。リップクリームが必要!
梅雨時や夏はまだしも、この時期、日本は結構、空気が乾燥してるのかもしれません。

湿気は声にも関係します。

湿気が高いと、空気中の水分が増えるため、声帯が湿って膨張してしまい、声の通り具合が低下する可能性があります。具体的には、湿気が高いと、空気中の水分が声帯に吸収されます。これによって、声帯が柔らかく膨張し、発声が困難になることがあります。

逆に、乾燥した環境では、喉や声帯が乾燥してしまい、声がかすれたり、裏返ったりすることがあります。特に、冬場の暖房が入った室内では、空気が乾燥することが多いため、声の通り具合に注意が必要です。

そのため、良好な声の通り具合を維持するためには、適度な湿度を維持し、適切な声の使い方をすることが大切です。また、声帯を鍛えるために、声楽や発声練習などを行うことも有効です。

ただ、声を出す際に、一番大事だと思うことは、湿気を気にしすぎて、身体を緊張させすぎないことだとは思いますが。

湿気と音って前のページ

自分って何者?の時間次のページ

関連記事

  1. 音楽

    音楽という調理道具~ワーグナーから

    https://youtu.be/jznZ9vzUPm8*上記Yo…

  2. 音楽

    逃げている自分

    自分が何ができていないのか、自分の映像を見るのは、とても苦痛なものです…

  3. 音楽

    作曲と嵐と私と

    私がこちらのブログを始めたきっかけが、作曲の勉強を継続するためでした。…

  4. 音楽

    やっぱり面白いは大切

    https://youtu.be/uzVqgs8nmw4*上記Yo…

  5. 音楽

    恋は野の鳥

    https://youtu.be/TghTq0gtlgo*YouT…

  6. 音楽

    絶対音感?相対音感?

    前向きにがんばりましょう、という曖昧な言葉があります。&nbs…

おすすめ記事

  1. 魂の成長
  2. 魂の選択
  1. 音楽

    創造するためにあなたは何をしていますか?
  2. 音楽

    音楽と豊かさについて
  3. 音楽

    年末恒例 オペレッタ『コウモリ Die Fledermaus』
  4. 音楽

    作曲と嵐と私と
  5. 音楽

    やはり音楽は祈り
PAGE TOP